×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

『小林さんちのメイドラゴン』大好きな小林さんとの日常を満喫するドラゴン娘と1人暮らしお疲れOLの人外系日常コメディ!?〜アフィリエイト紹介サイト嶋津球太〜

『小林さんちのメイドラゴン』とは…

『小林さんちのメイドラゴン』とは…

 

■朝、会社に出ようとしたらドラゴンがいた。
茫然とする小林さんの目の前で、そのドラゴンは角あり尻尾ありのメイド服を着た美少女へと変身した。


■トールと名乗るそのドラゴン娘は「今日からメイドとして働かせてください!」と申し出る。 どういうことか分からず尋ねると、昨夜酔った勢いで小林さんが家に誘っていたようだった。
「人を雇う余裕はない」と断る小林さんだったが、会社に遅刻してしまいそうな時間だと気づき―。


トールは、人類のことは基本、下等で愚かだと思っているけれど、
小林さんには過去に助けてもらった恩があるため、全力でご奉仕。
今日もあの手この手で頑張るのでした。
小林さんちでメイドをするドラゴン娘・トールは、
家事はもちろん、海水浴やコミケもドラゴンパワーでお手伝い。




――角に尻尾にメイドなドラゴン娘・トールとのポンコツでハチャメチャな新生活が始まる!


登場人物紹介

小林さん - 田村睦心


25歳。地獄巡商事北千住事務所のOLにしてシステムエンジニア。
滝谷曰く会社の「柱」で、バレンタインデーには同僚からチョコを大量に貰っていた。
マンションに1人暮らしで、お疲れ気味の毎日を過ごしていたが、酔っぱらった際に迷い込んだ山でトールを助けたことから、一緒に暮らすことになる。
普段はクールな性格で淡々としているが、酔った際にはメイドや執事関連のオタクに変貌する。
休日は基本的には家にいることが多く、子供の頃からあまり外では遊ばず、ゲームばかりしていた。
悩みの種は腰痛。嫌いな食べ物は、ひじきと茄子。
胸は貧乳であり、そのことにコンプレックスを抱いていることから、トールたちに嫉妬気味。
イルルからは、最初は男性と思われていた。
家族は両親の他に下に兄弟が2人いるが、家族は回想内のみの登場。仕事で忙しかったことから授業参観に出席したことはなかった。


トール - 桑原由気

異世界のドラゴン(雌)で人間界ではメイドの女性の姿をしており、表向きは小林さんの親戚となっている。
本来の姿はスタンダードなドラゴン。
元の世界で混沌勢として何らかの戦いに従事していたらしく、神々に戦いを挑んだ結果、背中に聖剣をめった刺しにされて人間界を彷徨っていた。
その際、酔っぱらった小林さんに剣を抜いてもらった恩を返すためにメイドの姿となり、小林さんの部屋に住むようになる。

メイドらしく物腰は柔らかいが、小林さん以外の人間のことは見下し気味(愛想は振りまいているので近隣住民や商店街の店主らとの関係は良好)。他のドラゴンからも一目置かれる強大な力を持ったドラゴンであり、本来の能力を使って物事を力尽くで解決しようとしたり、小林さんへの独占欲から過激な行動に出てしまうこともある。
胸は「ドラゴン」なだけにDカップ。

カンナカムイ - 長縄まりあ


異世界のドラゴン(雌)でウシシル島出身。
エネルギーの源は雷で人間界では電気でも代用が可能。人間態は小学生ぐらいの少女で民族衣装のような服を着ている。
本来の姿は羽の生えたドラゴン。愛称はカンナ。

寡黙だが、好奇心旺盛。いたずら好きだったが、度重なるいたずらが災いして、故郷を追放されてしまう。
トールを頼りに人間界に赴くが、トールでも帰郷許可は出来ない為、故郷に戻れるまでの間、トール同様に小林さんちに居候することになった。
小学校に興味を持ったことから、トールの能力で作り出した戸籍を用いて、小林さんの親戚の小林カンナとして、朧塚小学校に通い始める。
家族は両親がいることが語られたが、両親は我が子を強い子に育てるために、カンナカムイの名を与え、放任主義の姿勢を取っている。


エルマ - 高田憂希

異世界のドラゴン(雌)で人間態は大人の女性。本来の姿は、手足が無く鰭がある細長いリヴァイアサンのような体にイッカクのような一本角を持ったドラゴン。 力としてはトールと同等らしいが、異世界に渡る能力などは無く、人間界に来る際にもトールの開けた門を利用していた。そのため、自力では元の世界に帰れない。 秩序を重んじる調和勢で、トールの父同様トールを連れ戻しに来るが、登場早々小林さんの部屋の壁をぶち抜いて秩序以前に法律を乱し、結局すきっ腹をクリームパン10個で懐柔されて追い返されてしまう。当初は人間界に干渉しないとして食べ物も拒んでいたが、クリームパンの美味しさを知って以降はたい焼きやアイス、プリンなどを楽しんでいる。 その後、生活費を稼ぐために、魔法で経歴を作り出し、上井エルマ(じょうい -)の名で小林さんの会社に就職する。経歴は作れても能力は作れなかったようで、当初は会社のマスコット的な扱いとなっていた。しかし、小林さんに仕事を一から教えてもらったことと、ドラゴンとしてのスペックの高さか真面目な性格によって小林さんや滝谷から驚かれるほどの仕事ができるようになる。

ケツァルコアトル - 高橋未奈美

<-- -->
異世界のドラゴン(雌)で人間態は長身かつトール以上の巨乳の大人の女性。愛称はルコア。本来の姿は部分的な影以外出てきていないが、翼竜という呼び方が相応しいらしい。カテゴリとしては「元神」。 トールらとも親しいが、本人は混沌勢・調和勢の争いに関与しない傍観勢。伝承の通り妹と肉体関係を結んだ過去があるらしく、そこはあまり触れられたくないらしい。 世捨て人ながらも人付き合いは良く、ボーイッシュな性格から一人称は「僕」。 危険な悪魔の召喚を試みた翔太を救うべく、自身が割って入って召喚されたことで、翔太の家で暮らし始める。

ファフニール - 小野大輔

異世界のドラゴン(雄)で人間界では眼鏡をかけた執事風の青年の姿をしている。本来の姿はその片鱗しか見せていないが、瘴気を放つような描写が多い。 人見知りゆえかつ引きこもり気味で物騒な発言が多い。 本格的に人間界で暮らすことにした際、トールから大山猛(おおやま たけし)の名を与えられ、滝谷の部屋に居候することになった。その後、滝谷の趣味に染まり、テレビゲームを通じてカンナや滝谷と親しくなっていく。